2008年01月01日

年賀状

2008年お年賀
posted by ゆうき芽衣 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

新年あけましておめでとうございます

2008年がスタートしました。
寒い年明けとなりましたね。
初詣、行かれましたか?
私は。年が明けてからまだ外に出ていません。

皆様、昨年は、ありがとうございました。
今年は一層、飛躍できるよう頑張っていきたいです。
皆さん、応援してくださいね。
よろしくお願いいたします。
posted by ゆうき芽衣 at 12:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年12月23日

ディナーショーの写真アップしています

ライブレポートの欄を見てくださいね。
写真や曲目を載せております。

ご感想などもお寄せくださいね。
posted by ゆうき芽衣 at 15:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年12月13日

12月9日、ディナーショー、ありがとうございました

奈良ホテルディナーショー、6回めを無事終了いたしました。
たくさんの皆様の温かい応援、ありがとうございました。
楽しいひとときが過ごせたこと、感謝でいっぱいです。

詳しいエピソードや写真は近いうちにご紹介します。
まずはご報告まで。

皆様、ありがとう〜〜!!
posted by ゆうき芽衣 at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年12月09日

1年に1度のマクドナルド

普段、あまりファーストフード店には行きません。
だって、カロリーが高いのに、満足度が低いから。

でも、1年に1回、今の時期には必ず行くんですよ。

私を呼ぶメニューは、グラタンコロッケバーガー。
普段は揚げ物であるコロッケも滅多に食べないのに、
何故か食べたいこのバーガー。
毎年、11月の後半から12月の前半にかけての半月くらいしかない。
その、たまにしかないのがいいのかな〜
限定に弱い私かな!

今年もちゃんと食べました。チーズ入りグラコロ。
熱々、ふわふわで美味しかったです。
posted by ゆうき芽衣 at 00:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年11月29日

ディナーショーが近づいてきました

11月も明日で終わりですね。
いよいよ12月、今年最後の月です。

今日、久しぶりにゆっくりと外を歩いて、
きれいに色づいた木々に気づきました。

赤や黄色の葉が目に眩しかったです。
今年の色は特にきれいな気がします。

こんなに綺麗に紅葉していたんだな〜って、
なんだか嬉しくて、ちょっとハッピーな気分になりました。
皆さんも生活の中で、目にされているでしょうね!

さて、ディナーショーの準備はなかなか進まなくて、
昨日は気分がさえなかったのですが、
今日、ピアニストさんと音あわせ、打ち合わせをして、
形が見えてきました!!

いっつも、エンジンがかかるのが遅い私ですが、今年は特に遅い・・・・
というのも、毎年、12月の第1日曜日だったディナーショーが、
今年は、ホテルの都合で第2日曜日になったからかな?
1週間の猶予が、かえって・・・・・

そうそう、第1日曜日で予定してくださっていた皆さん、
本当にごめんなさい。

曲も決まり、衣装も決まって、あとは流れかな〜
ここ数年、あまり歌っていなかった曲も入れることにしました。
いろんな私を見ていただけたら嬉しいです。

そして、今年もステキなプレゼントがありますよ〜
といいつつ、これもまだ最終迷い中・・・・・
だいたい決まっていたのですが、
別のステキなものを提案してくださった方があり、
再び考え中となりました。

これからの10日で一気に進めますよ〜
当日をお楽しみに。
ちなみにお申し込みはまだ受付中です。
よろしくね〜〜〜
posted by ゆうき芽衣 at 23:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年11月04日

トリコロール&シャンソンの小部屋コンサート2007

11月2日(金)学園前ホール、
お越しくださった皆様、ありがとうございました。
超満員のお客様のおかげで大盛況に終えることができました。

今回は、新しい試みがたくさんあったので、ちょっと不安もあったのですが、「すごくよかった!」とのお声をたくさんいただき、嬉しかったです!
出演の皆さんが、益々美しく、益々頑張って歌ってくださったおかげですね。
よかった〜
今回は、難しいコーラスも多かったので、さすがの私もひとり練習しました。

舞台上の配置も、音響設備も、構成演出も、これまでとはちょっと変えたのですが、嬉しいことに全てがいい方を向いたみたいです。
ほっとしました。
皆様、ありがとうございました。

次は、12月のディナーショーに向けてダッシュです!!!
posted by ゆうき芽衣 at 12:37 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年10月28日

奈良ホテルディナーショー

2007年12月ディナーショー12月9日に開催する
「シャンソンの夕べ ゆうき芽衣ディナーショー」
今年は、こんなちらしができました。

お申し込み受付は 11月1日(木)です。
皆様のお申し込みをお待ちしております。

申し込み先は、奈良ホテル宴会承り課
電話 0742−26−3300 です。

どうぞよろしくお願いいたします。
posted by ゆうき芽衣 at 11:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年10月15日

映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」

話題になっている映画を見てきました。
ロードショーといいながら、2週間で終わりという噂もあったので、
慌てて12日に行きました。

ピアフの一生が描かれていましたが、時代があっちこっき飛ぶので、
予備知識のない人には少し理解しにくいこともあったかもしれません。

生きるのに精一杯の生活から、成功してスターになったとき、
彼女の表情は尖ったものになっていたように思います。
我儘が通るようになり、思い切りのよさもあり、成金者のように好き勝手していたように見えました。
それが何でも通るほど、人々は彼女の才能を認めていたのですね。
でもちょっと困った人でした。

でも、愛する人を得たときの彼女の表情は違っていました。
自分の気持ちに本当に素直な人です。
だから可愛いんです。
既婚者の恋人は、愛してくれているけれど、家族も大事にしている。
でも、悲観的にならず、今、愛することだけを大事にしていました。


ほんとに、羨ましいです。
あんなふうに自分の本当の気持ちだけに素直に行動することは、私には難しい。
頭で色々考えたら、あんな風にはできない。
私は、自分の心にさえ、すぐに嘘をついてしまします。


でも、恋人マルセルは突然亡くなりました。
自分が早く会いたいと言ったから、彼が急いで乗った飛行機が落ちた。
それは、彼女のせいではありません。
でも、どうしようもない気持ちが、彼の死を自分のせいのように思わせてしまう。
その気持ち、わかります。

本当に、一生で唯一の人だったんですね。
だから、その後、彼女は、モルヒネのお世話になり、身体を壊していきます。
愛する人を失ってから、階段を転がり落ちるように、精神的に不安定になりました。
その気持ちもよくわかります。

強いとか弱いとかじゃない、そんな風になるのは、唯一の相手だったから。
何度か結婚も離婚もしたピアフですが、
既婚者で結婚はできないとわかっているマルセルが、実は唯一の人だったんですね。

マルセルの死後も、恋人だができたり結婚したりしているけれど、
やはり最後に思い出したのは彼のことでした。
そして、父と、幼くして亡くした自分の娘のこと。


生きていくうえで、愛を一番大切にしたい気持ちは私も同じです。
他のものよりも、愛が優先です。

「たとえあなたが死んでも、愛してくれるなら平気よ。私も死ぬのだから。
何も問題のない永遠の世界で愛し合いましょう」
とは、私は歌えない。
この世からいなくなったということを別の考え方で解決することはできない。

生きている間に後悔のないように素直になりたいと思う。
「神がふたりを結びつけてくれる」ならやはりこの世でお願いしたい。

お互いがこの世に生きているだけでもありがたいことで、
それ以上を望むのは贅沢なことだなんじゃないかと思った。
お互いの幸せを考えて同じ世界で生きていられるのは幸せなことだと思う。

愛する心があるから歌が歌える。
愛する相手がいるから生きていける。

自分の頭ではなく、自分の心に素直になろうと強く思いました。
posted by ゆうき芽衣 at 16:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年10月13日

リニューアルオープン!!

今日から、ホームページをリニューアルしました。
如何ですか?

これからは、日々のおしゃべりに対してのコメントも入れていただけます。
皆さん、気軽に話しかけてくださいね!
posted by ゆうき芽衣 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月23日

久しぶりに、フレンチ以外の音楽を聞いています

ここ1ヶ月余り、私の部屋ではフレンチではない曲が鳴っています。
これは、すごく珍しいこと。この仕事を始めて以来かもしれません。

それは、オーストラリアのアーティストで、エア・サプライ。
何故かというと、10月に大阪である来日公演に誘われたから。
コンサートを自分で選ばす、誘ってもらうというのは15年ぶりくらいで、すごく新鮮で嬉しいです。
実は、その15年程前のとき、急に誘われてコンサートに行ったら、ほとんど曲を知らなくて会場の盛り上がりに乗れなかった。
自分も楽しくないし、連れて行ってくれた人も楽しめなかっただろうなという苦い経験があります。
自分で選んだコンサートでも、知らない曲ばかりだとつまらないこともあるし。

今回は、発売日にチケットをゲットしたと聞いて、早速聞いてみよう!とお盆休みにレンタルCDショップに走りました。
以前借りたことのあるお店の会員カードを見ると、なんと4年も行っていません!!
しょっちゅう前を通っているのに、レンタルCD店にはフランスものがほとんどないから素通りしていたんですよね。
4年も前とはシステムも変更しているらしく、新しいカードを作りました。
そして、外国アーティストコーナーを見ると、スタジオベスト盤とライブ盤の2枚がありました。
3枚以上借りると、レンタル代が安いと書いてあったので、もうひとり名前を聞いていたボビーという歌手のものも。
ビルボードライブの冊子を持って行っててよかった!ボビーの苗字が思い出せず、冊子を開いて調べるとコールドウェル、覚えにくい名前やなあ〜
もうひとり日本人女性アーティストのCDも1枚選んで4枚借りましたが800円。これで1週間。安い。

エア・サプライもボビーもAORというジャンルだそうです。
実は、AORという言葉も知らなかったので、どんな曲が聞こえてくれるのかワクワク、そしてちょっとビクビクでした。

エア・サプライのジャケットには男性2人の写真が載っているのに、聞こえてくる声を聞いてびっくり。すごいハイトーンです。
これ、女性?と何回もジャケットの説明を読んだり、ネットで調べたりしてしまったほど。
結成時は7人だったけれど男性ばかりだったようですね。
確実に聞いたことのある曲は「渚の誓い」だけでしたが、初めて聞いてもなんとなく懐かしく耳に入る美しいメロディーでした。
ハイトーンな声なのに耳に心地よく入ってきて、何と言っていいのか難しいのですが、自分の世代の感覚に合っているというのか、無理なく身体に入る。
たとえば、フォークソングを聞いたときのような、しっくりくる音楽で。
ちょっと杉山清貴を思い出しました。全然違うかもしれないけど。
歌詞の内容もストレートな愛の気持ちがたくさん綴られていて、それがなぜか懐かしい。
カレが自分にが歌ってくれたら感激やろうな〜と思うような曲が何曲もありました。
実際、CDを聞いていると語りかけてくれているみたいで・・・
ライブ盤の方が気に入って、こちらを聞き続けて1ヶ月余り。部屋のCDデッキにコピーがずっと入ったままです(個人で楽しむだけだからコピー許して!)。

いま、結成30年ということで、今の写真を見ると50歳代でしょうか。
どんなライブになるのでしょうね。いい歳を重ねた大人の男の味が出ていたら嬉しいなあ。楽しみです。
いつもと違う音楽に触れる機会を与えてもらえたことに感謝!
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月22日

親睦会

今週は、教室の親睦会がふたつありました。
厳密にいうと、教室の親睦会というのは、私にとってはお仕事のひとつです。
が、普段、友達同士で出かけるときに大勢ということはまずないので、たまには大人数でわいわいするのも楽しいかなと思って、いつも喜んで参加させていただいています。
しかし、時には、身体の調子が悪かったり、忙しかったりで億劫なときもあります。
でも、行ってみると、気分は変わって、たいてい楽しい時間を過ごせます。
教室では話さないようなことを話したり、参加者の意外な一面を見ることができたりするからです。
実は、今週はなんだか身体に力が入らず、とても疲れていたので、二日も続けて親睦会、大変やな〜と思っていました。
けれど、参加してかえって元気になれました!!皆さん、ありがとう。

まず、水曜日は、夜のポピュラーヴォーカル&ボイストレーニングクラスの初の親睦会でした。
午後8時にクラスが終わってから、カラオケスナックに直行。パック寿司やサンドイッチでお腹を満たしてから、カラオケ開始!!
私はだいたい皆さんが一通り歌われるまでは動き出しませんが、1曲歌うと、やっぱり次々歌いたくなります。やはり歌うことが好きなのかな。
教室では、つぶやくように歌っている人が、のびのび歌っていたり、意外な声や選曲だったり・・・
カラオケの選曲には年齢が出ますので、それも面白いですね。
私は歌を聞きながら、その人の声にあったキー(高さ)を考えたり、とカラオケでもやはりちょっと先生になってしまいます。
実際、キーを変えるだけで歌がすごく良くなる人、多いんですよ!慣れておられる方は、自分のキーをよく知ってはりますね。

木曜日は、梅田のJTB教室Aのお食事会でした。
ここのところ食欲がないので、食べれるかな〜と心配でしたが、皆さんと一緒だと不思議にちゃんと一人前、食べることができました!
今回は、お店もお料理も他の方々が決めてくださっていたので、ワインを選ぶ役だけでした。
久しぶりに美味しく食事ができました。ありがとうございました!

カラオケに行っても、お食事に行っても「ご一緒できて楽しかったです」と言ってくださる方々に囲まれ、本当にありがたいことだと感謝しています。
これからも、全ての人に誠実に、真心を持って接していくことによって、気持ちの通った信頼感のあるお付き合いをしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。なんだかかしこまったおしゃべりになってしまいました・・・
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月20日

夏の疲れかな・・・


最近、あっちこっちが少し不調気味(悲)
まず、この間も書いていた眼ですが、未だに眼鏡さん・・・です。もう半月になってしまいました。
「眼鏡も可愛いですよ」なんて言ってくださる優しい方も多いのですが、目が疲れるだけでなく、
目が小さく見えるせいか「お疲れですか?」とも聞かれてしまいます。
なんでも、白目が変質してきているとか。怖いことでしょう?
原因はわからないらしく、今のところたいした影響はないけれど、直るというものではないんだそうです。
ただ、10代や20代の人にはあまり起こらないことだそうです。
身体の老化のひとつだと言われて、すごいショック!!なんてことだ!
まあ、身体のことはたいてい20代前半がピークですから、
その後は、老化する方向なんでしょうけれどもね〜
明日、眼科に行くのですが「もうコンタクトレンズいいよ」って言ってもらいたいです。

そして、右手の人差し指の関節が腫れていて痛いので、整形外科に行きました。
ピアノのこともあるので、かなり心配・・
ここでも先生は「残念ながら、何にもしてあげることはないなあ」と一言。
そして「今まで使ってきたことで、軟骨が変形してきているんですよ。重いものを指に引っ掛けたり、力を入れたりして酷使しないようにするしかないですよ」
そしてここでも「20代でなっている人はいないから、身体の老化のひとつかな。
だんだんひどくなってくる人は多いんですよ、ほら私も」とご自分の指を見せてくださいました。
なんと!全ての指が変形して曲がっていました・・・ゴルフで指に力を入れたことが原因だそうです。
かばんを持つのも怖くなってきました。

若いのは気ばかりかとちょっとがっくり(涙)
30歳以降は、身体の色々なところに老化現象が起こってきているようです。あ〜あ。

そして、9月になってから、あまり食欲のない私。珍しく食べることに意欲がわきません。
夏の疲れかしらん?その上、この若さで身体の老化現象を指摘されたショックかなあ!?
どこかの健康ブログで「ダイエットのことを考えているときは痩せない」という意味のことを読んだと思うんですが、当たってるなあ。
今、ダイエットのことは忘れているのに、顔が一段と小さくなりました。
頬からあごにかけてよりシャープになったと言われます。
まあね、顔は小さい方が流行だし、でっかい顔になるよりはいいですけど、
その分、下半身も細くなってくれたかなあ?
と思いつつも、身体の不調で痩せるのは不健康だから、食欲が戻ることを願っています(笑)
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月16日

朝から映画1本!007シリーズの魅力

金曜日に録画しておいた映画を朝から見ました。
昨年までは、アクション映画はあまり見なかったのですが、
今年の初めに映画館で「007カジノロワイヤル」を観た前後にこのシリーズを観るようになりました。
何作か観るうちに、このシリーズに共通するいくつかの魅力に惹かれました。

まず、世界の美しい風景や高級リゾートがたくさん見られること。
カジノロワイヤルでも、モナコ、ヴェニス、カリブ、ハワイと世界中を飛び回っていました。
他の作品でも、いつも美しい海や、高級ホテルで、夢のような贅沢とそれをスマートにこなす様子。
ひとりでいることがキマッているカッコいい大人の女性、いくらでも始まりそうなロマンス。
今日見た作品では、氷づくめのアイスランドに想像できないような氷の建物が建っていた。
氷のホテルというのが実際にあることは知っていますが、
どうやって作ったんだろうと思うようなすごい建物だった!
なかなか行けないような場所や、私が一生しないような贅沢三昧を見るのは、夢があって楽しい。
雰囲気も遊びも、アメリカ映画ではなくイギリス映画だからかなと思わせる貴族的なものがあるのが洒落ていると思うのです。

もうひとつは、考え付かないようなハイテク機器。
特に車の装置はすごい!こんなものがなんで思いつくんだろうってことも多いし、あったらいいな〜というシステムもいっぱい。
車体自体もかっこいいし、車が好きな私には羨ましい限り。
なんで見ただけで使い方が瞬時にわかるのか不思議でなりません。
今日の作品なんか車が人の目からは見えないようになっていましたよ〜
車以外にも、時計やアクセサリーや持ち物がみんな何か別の機能を持っているのも面白い。
ほしいものがいっぱいあります・・
HPを見たら、それらのハイテク機器の説明も見られた。

そして、もうひとつ。シリーズであることは私をホッとさせてくれる嬉しいこと。
だって、どんなにヤキモキさせられたって、主人公は最後には勝つ!死ぬことはないんだもん!
これはすごい嬉しい!安心して見られる。最後には笑って気持ちよく見終えることができるもん。
子供の頃から、仮面ライダーやウルトラマンが大好きだった私には、これ、とても大事なことなの!
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月14日

危険?なプリン!!

今週はずっと奈良にいましたので、5日ぶりのパソコンです。
毎日色々なことがあるのに、数日分たまってしまうと、何を書いていいのか、それどころか、何があったかを思い出すこともできません。
何ででしょう??忘れっぽいのかな?トシのせいではありませんよ!(笑)

学生の頃、遠距離の彼がいましたが、電話代が高いので1〜2週間に一度、小銭をたくさん持って公衆電話でかけていたことを思い出します。
毎日、話したいことは一杯あったはずなのに、それが何日分も溜まってくると、みんな忘れてしまって、いざ電話をしたら話すことがないんですよ
10円がコチコチと音を立てて落ちるのですが、何からしゃべっていいかわからない。
あの話は?どこから話せばわかってもらえるかな〜初めのいきさつ?登場人物の説明から?・・・と思うと、面倒だからもういいや!となり、会話が止まっていました。
それと同じかな?

話がそれました。プリンの話でした。
月曜日、プリンを2個買って来てくださった方がありました。
お勧めの新製品だそうだから、早速食べてみてと言われて、蓋を開けてみると「プシュ!」と音がしました。あれ?
白い牛乳プリンの上にカスタードソースがのったプリンです。
まず、カスタードソースをちょっと舐めてみたら、なんだかピリピリと舌を刺します。今日販売の商品だから賞味期限は大丈夫。でも???
なんだか食べていいのかな〜という違和感があります。食べたことのない味。そういえば香りも珍しい。でもどこかで嗅いだ香りかな。

気になったので、お店に電話してみたら、「新製品で、オレンジの皮を使っているので酸味がありますよ。香りもお好み次第です。普通のプリンとは一味違います」「ランチのデザートにも使いましたが問題ありません」と自信たっぷりに言われるのです。
私「酸味とかそういうのではなくて、食べ物では感じたことのないような香りと、食べてもいいのかなと思うような味がするのですが」
店員「お客様がおかしいと思われるのなら食べないで下さい。返金しますからお持ちいただいていいですよ」
なんかこっちが食べなれないものに閉口しているかのような言い方をされて電話を切りました

そこで、試しにもうひとつも開けてみましたが、やはり同じです。
でもそういえば、プリンを開封して破裂音というのも不思議だから、もう一度そのことを質問してみようと電話したら、状況が変わっていました。
店員さんは急に丁寧な低姿勢になっていて、工場に問い合わせたら、他の店舗からも同様のクレームが何件も来ているから回収することになったと言うのです。
持ってきていただかなくても返金しますだって!誰が買って行ったかわからないから、お店からお客へは連絡できない。
やはり食べる方の自己判断になりますよね。

表示してある賞味期限よりも、舌の方が確かだといつも思っていますが、確かにそうですね。
実は、冷蔵庫にも戸棚にも、「賞味期限切れのものがたくさんある」と怒られている私です(えへへ)

それにしても、このプリンのこと、新聞などには出ていなかったようですが、実際はどういうことだったんでしょう?チェーン店ですけれど。
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月09日

メガネの私、如何?

先週から目の調子が悪くて、コンタクトレンズなし5日めです。
私は、コンタクトレンズを入れ始めて長いのですが、
こんなに続けて何日も使わないのは初めてかも?
先週、水曜日、木曜日にお目にかかった方には、すでにメガネの私を初披露しております。

火曜日の夕方から充血してきたので、水曜、木曜とメガネにして、金曜日に眼科に行きました。
ちょっと気難しそうな先生。話し方がぞんざいなので緊張しました。
そして、治療はコンタクトを使っていたらできないそうで、とりあえず1週間はコンタクトをやめて、1日4回2種類の目薬をさすように言われました。
困ったことは、その目薬、必ず冷蔵庫に保管のこと、持ち歩いてはいけないのです。
それってやっかいですね〜

でもそれよりもやっかいなのはメガネ!
通常、メガネは朝起きたときと寝る直前しか使っていません。長時間かけることは少ないです。
でも私の視力はハンパな悪さじゃないのです。
コンタクトレンズなしでお化粧をするとき、アイラインが一番大変。
女性ならわかると思いますが、リキッドアイライナーペンを立てて手にもつと、ペンの長さ分、鏡から離れますね。そうするともうどこに描いていいのかよく見えないのです。

さて、メガネをかけると、何が不便か?
まず、すごく目が疲れる。
階段を降りるとき怖い。遠近感がわかりにくいのです。
暑い!鼻の横にあせもが・・・・!
汗をかくようなスポーツはやりにくい。
お風呂では曇るから使えない。
湯気の出るものは食べにくい。

普段、コンタクトレンズでどんなにラクをしているか、改めて実感しました。
今週は、ディナーショー用の写真撮影に行こうと思っていたのですが、メガネでは無理ですね。

さて、私の外出用のメガネは、小ぶりで、フレームが鮮やかなブルーです。
メガネがファッションに見えるように、アクセサリーもブルーで統一したりして、工夫しています。
今週いっぱいは、皆様に初メガネ姿をご披露することになると思います。
さて、如何なものでしょう?
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月07日

フィラデルフィア美術館展(京都市美術館)

今日、久しぶりに京都に行きました。近いようで遠い京都。たぶん1年に2〜3回しか行きません。
四条河原町の交差点の北東角に新しいビルが建設中なのを見てちょっとびっくり。
確か、角には漬物屋があったかな?

京都市美術館はとても古い建物ですね。
おそらく前にも行ったことがあると思うのですが、すごく久しぶりだったのは確かです。
展示作品は、19世紀から20世紀の47人の作品で、有名なものも多かったです。
コロー、クールベ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、モネ、ピカソ、マティス、カンディンスキー、シャガール、ミロ、マグリットという巨匠たち!とアメリカの画家です。

9月24日までとまだ会期はあるし、平日なのに、結構人が多くてちょっとびっくりでした。
流れに従って、ぞろぞろ歩きながら見るのは、なんだか疲れます。
3分の1も行かないうちに、いつものように、私の目は椅子を探しています。
展示室の中に椅子があって、座ってぼんやり眺めるのが好きなのですが、この美術館は、展示室の中には椅子がひとつもありませんでした。
半分くらい進んだところの部屋と部屋の間の通路にあっただけでした。

とまあ、椅子のことばかり書いて変な奴と思われそうですが、いいなと思う絵がふたつありました!どちらも知らなかった作家の初めて見た作品でした。

ひとつは、フローリン・ステットハイマーの「ベンデルの春のセール」という作品。
赤が貴重の明るく楽しい雰囲気の絵で、セール会場での女性達の姿をちょっとコミカルに、でも品よく描いている女性らしい目だと思いました。

もうひとつは、ロベール・ドローネの「エッフェル塔」作品そのものが細長いのです。
こんな形の絵はあまり見たことがありません。
背の高いエッフェル塔を下から「見上げている」という感じが印象的でした。

出会った好きな絵を忘れないようにしたいなと思い、一応、絵葉書を買いました。
でも、いつも思うのですが、実際の作品と絵葉書って、色が全然違うんですよね〜それが残念です。
それに「ベンデルの春のセール」の方はできたら、もうちょっと大きいサイズのものが欲しかったな〜リビングに飾りたかったから。

ここ10年くらい、私の部屋にかけてある絵は、ルネ・マグリットの「物の力」です。
空中にフランスパンとグラスが浮かんでいる絵です。
これも確か、美術展の売店で買ったものです。もちろん本物ではありませんよ!!
なんとなく惹かれた絵でした。

美術展に行って、ひとつでも惹かれる絵があったときは嬉しいです。
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月05日

ライブ予定

今月のライブスケジュールの更新ができていないので、問い合わせてくださった方がありました。
すみません。掲示板には載せていたのですが、ここにも載せます。

ジルベール・ベコー(梅田)9月1日(土)22日(土)

来月以降の催しの予告

☆トリコロール&シャンソンの小部屋コンサート2007 11月2日(金)午後1時開演 奈良市学園前ホール 入場無料
☆第16回午後の歌会 11月22日(木)午後2時から 奈良ロイヤルホテル シルクロード(出演される方、募集中)
☆ディナーショー「シャンソンの夕べ」12月9日(日)午後6時半開演 奈良ホテル
といった感じです。

もうひとつの予告!!
近々に、HPのデザインリニューアルを予定しています。お楽しみに!!

ついでに、今日のできごと。
夕方、1時間程、ウォーキング(散歩かな〜)をしました。
家から30分くらいの所へ行きましたが、ちょっと通らない間に、新しい道はできているし、マンション、スーパー、コンビニ、スポーツジム、飲食店と色々できて、「ここ何処?」というほどの変わりようでした。
びっくりしたのと面白かったので、余分にたくさん歩いていい運動でした。
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月04日

ガソリンスタンド

ドライブが好きと言っている私ですが、乗ること、運転すること以外はあまりわかっていません(泣)
未だにセルフのガソリンスタンドも避けています。
セルフスタンドができたばかりの頃に行っておけば良かったのですが、今になったら
「やり方わからない」は恥ずかしい気がして行けません。
いつも、セルフじゃなくて安そうな所を選んで入ります。
といっても、行ったことのないスタンドに行くのも、実はちょっと勇気が要るくらいなんです。
ガソリンスタンドって、店員さんの声が大きくて、テンションが高めでしょう?
それがなんか気後れするんだな〜

最近は、あるルートを通っているときに決まったお店で入れていたのですが、
今回は、近所で入れないといけない状態に。
それで、近所の先輩お勧めのスタンドに行ってみました。
1回目は下見です。場所と雰囲気の確認。
場所はすぐわかりました。やはり人気店のようで並んでいます。今日はこれで終わり〜

2〜3日後、また車で出た折りに今度こそ本番です。やはり並んでいます。
金額表示は見えませんでしたが、入ってみました。
会員カードとかあるのかな〜まず何と言おうかな〜と悩み、
「ここへは初めて来ました」と言おうと決めました。
この間、家族を乗せたら「タイヤの空気、大丈夫?ちょっと揺れるけど」と言われていたので、
タイヤの空気圧も見てもらいたいなと思っていました。
でも、混んでいるときに、そんなことを頼んだら悪いかな〜と思って、今までも頼んだことはありませんでした。
まあいいかと勝手にあきらめていると、前の車がどうやら見てもらっているようです。
前後左右4箇所にボンベのような物を持って行ってるのです。
後ろに何台も並んでいるけれど、別にめんどくさそうな態度には見えません。
ちょっと心動きました。

さて、私の番。まず、初めてと言うとすぐに会員カードを作ってくれました。3円安くなるそうです。
タイヤのことはいつ言えばいいかな〜と迷っていると、ガソリンを入れている間に、2回にわたって洗車やエンジンオイルの宣伝の紙を持って来られたので、今がチャンス!とちょっと可愛く(笑)頼んでみました。
あっさりとにこやかに点検してくださいました。
丁寧でいい感じのお店でした。今度からここに行きます!!

なんだか、「初めてのおつかい」みたいで笑われそうですが、私って意外に臆病なのですよ(笑)
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り

2007年09月02日

オートマッサージカフェって?

こんなカフェ、ご存知ですか?
私がシャンソニエ・ベコーに行くときによく通る梅田の地下街にできていたんです。
半年くらい前だったかな?
しょっちゅう、閉店セールをやっていた怪しい洋品雑貨店のあった場所です。
ガラス越しに覗いて見ると、薄暗い店内に、マーサージ椅子がたくさん並んでいました。
家電量販店のマッサージ椅子売場を暗くしたような感じ。
そして、たしか10分500円とかそんな価格だった思います。
ヨドバシカメラの売場などではいつも誰か座っていて賑わっていますよね。
同じ梅田ならそうやってタダでできる所もある。
こんなの流行るのかな〜
やはり手でやってもらう方が気持ちいいんじゃないかなと思いながら、横目で見て通っていました。

昨日の夕方、その前を通ったら、案の定なくなっていました!
器具も看板ももう撤去されて、店舗募集の貼紙がありました。
やっぱり流行らなかったんですね・・・・たった半年で。
人通りはわりあいある場所なんですが、次は何ができるのでしょう?
今流行のぶるぶるマシンコーナーだったりして・・・(笑)
posted by ゆうき芽衣 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のお喋り
日々のお喋り Back Numberへ