2012年04月20日

橋はミラボー、川はセーヌ・・・・

P1040307.JPG023散策2風景.JPG



今回の旅の「ゆうき芽衣のこだわりポイント20」の中に、シャンソンに出てくる場所を見に行くという項目がありました。その代表的な場所のひとつミラボー橋を見に行きました。「ミラボー橋」は、詩人アポリネールが恋人だった画家マリーローランサンとの恋を想って書いた詩に、後にレオ・フェレが曲をつけた有名なシャンソンです。

先ほどのチーズ屋さんのすぐ近くのバス停からバスに乗り、グルネル橋へ向かいます。このグルネル橋は、ミラボー橋のひとつ東側の橋で、セーヌの中州、白鳥の小道の終点にある自由の女神の真下にあります。だから、ここからだとミラボー橋も見ることができ、要望のあった白鳥の小道へも行くことができて一石二鳥!

乗り換えなしで行けるバスに乗ったのはよかったのですが、途中、なんと!バスが急に行先変更!途中のバス停で終点になってしまいました・・・なんで?乗客は文句を言いながらも全員、あるバス停で下されてしまいました。故障でもないのに、どういうことでしょう?他の乗客にアナウンスについて尋ねてみたのですが、理由は説明されなかったらしい、日本ではありえません。

私はバスの後ろの方に座っていたのですが、後で聞いたら、前の方の座席近くで、親切なマダムが「このバスはどういうわけか途中で運行終了するんですって!!失礼しちゃうわね!ところであなた方はどこへ行くの?」と何度も話しかけてくださっていたようです。しかし、フランス語がわからない皆さんはマダムの語気に怒られていると思ったらしく、「シルバーシートに座っているのを非難されたのかしら?私は若く見えるけれど70歳を超えているのに・・・」とビクビクしてしまったとか(笑)実は降りた後、どのバスに乗ればいいか教えようとしてくださっていた親切なマダムだったようです。降りてからもしきりと、「違う番号のバスに乗ったら橋まで行かないわよ!」と何度も教えてくださってました。ご親切にありがとうございま〜す。その様子を見た他の方は、「切符はさっき乗ったときのがまた使えるのよ!わかってる?」と声をかけてくださいました。パリにはこういう、親切+かかわりたいタイプの方、多いです。いろんな場面で助かります。

グルネル橋からは、西を向くとミラボー橋が、東を向くとエッフェル塔が、真上を見ると自由の女神が、西の空には珍しいくらいたくさんの飛行機雲が見えました。美しい夕景でした。

posted by ゆうき芽衣 at 16:55 | Comment(0) | 日々のお喋り

2012年04月08日

景色を見ながらバスで移動

022散策2バス停M.JPG013チーズ屋.JPG









 

ガレットデロワを買うという目的を果たし、ヴォージュ広場の近くから96番のバスに乗ってモンパルナスへ向かいます。

バスは、外の景色を見ながら移動できるのがお勧めポイントです。メトロに比べてスリに合う危険が少ないのもいいところ。

パリのメトロは階段を上ったり降りたりが結構疲れます。駅にエスカレーターやエレベーターが必ず完備はされていないし、大きな駅で乗り換えるときは歩く距離も長いのです。私は、最近はバスファンになり、よくバスを利用します。

バス停には、何番のバスが停まるのか大きく表示されています。そして、そのバスがどこを通るのかも示されていますので、落ち着いて表示を見れば利用しやすいです。皆、乗るときに、「ボンジュール」と運転手に軽く挨拶をします。チケットは、運転手から1回券を買うこともできますが、メトロと共通の回数券も1日券も使えます。私は、パリでは1日券をよく使います。これを持っていたら、少しの距離でもぱっと乗れて便利です。

右岸から左岸へ、パリ市庁舎の前を通り、朝歩いて渡ったサンミッシェル橋でセーヌ川を渡り、サンジェルマン、レンヌ通りとわりあい長い距離を乗って、今日のランチのお店「ロストレアド」に。今日のランチはお魚料理のレストランです。ここへ来た目的は生ガキ。せっかく冬にパリへ来たのですから、生ガキははずせません。魚料理では、タラをよく使います。ひとくちにタラといっても、種類が色々あるようです。私、魚料理にはあまり詳しくありませんので、辞書はひいてみましたが、実際は料理が出てこないと魚の違いはよくわかりませんでした。調理法は焼いたものが主でした。私達はランチのメイン料理を何種類か違ったものを頼んで、分け合って色々試してみました。私はフランスでは肉食派で、あまり魚料理を食べることはないのですが、今日のランチは珍しく魚三昧でした。

 

ランチの後は、今晩のルームパーティで食べるチーズを買うためにチーズ専門店へ。モンパルナスから歩いて10分くらいのところにあるquatrehommeというお店です、フランスのチーズは本当にたくさんの種類があります。チーズ大好きという人が中心になって何種類かを選びました。夕食が楽しみです。

 

posted by ゆうき芽衣 at 11:31 | Comment(0) | 日々のお喋り

2012年04月06日

ガレットデロワ

ガレットデロワ横.JPG



 

 

写真がないとわからないよ〜ということで、失礼いたしました。

ガレットデロワというお菓子はこれ!

手前のシンプルなものが本来のもの。

お店によって飾りがついたり、創作ガレットデロワも増えました。

でもやはりまずは、定番のシンプルなものを食べてみましょう。

posted by ゆうき芽衣 at 15:29 | Comment(0) | 日々のお喋り

2012年03月20日

サンルイ島散策とガレットデロワを買いに

029階段M-2.jpgCIMG2562.JPG



 

 

 

シテ島でもうひとつ訪れるべき名所は、ノートルダム寺院。

1月初めはまだ建物の前に大きなクリスマスツリーが設置されていました。フランスでは通常、1月の7日か10日くらいまでツリーは飾ってあります。内部を見学した後、裏へ回って、サンルイ橋を渡ってサンルイ島へ。

サンルイ島は、シテ島と並んで「パリ発祥の地」と呼ばれています。セーヌ川の中州で、右岸、左岸、シテ島と橋でつながっています。古くから大貴族や著名人が邸宅を構える最高級住宅地としても知られています。サンルイ島の中央を突っ切るサンルイアンリル通りを歩きました。歩き始めてほどなく、素敵な帽子やさんを発見。一同、早速中へ入り、帽子やショールをお買い物。帽子好きな私も、もちろん購入(写真)

アクセサリーのお店、文具のお店・・・と見ていたらきりがない魅力的な通りですが、半分ほど進んだところで左折して、マリー橋を渡って右岸へ渡りました。

ランチまでに行きたい目的地があったからです。それはあるお菓子を買うこと。

フランスで1月のお菓子といえば、ガレットデロワ。

1月6日の公現節に食べる習わしになっていて、好きな人は1月中は何度も食べる、また1月中は人が集まる度に食べるという、1月にしかないお菓子なのです。お店によっても、地方によっても個性があるのですが、最も一般的なものはアーモンドクリームが入った一見シンプルなパイ菓子で、中にフェーブと呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っています。家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は付属の王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれます。この様子、実は、映画「シェルブールの雨傘」の中に出てくるんですよ。気になる方は是非一度映画を見てくださいね。

散策第1日めはまさに1月6日。この日は、夕食時にガレットデロワパーティをしようと計画していて、渡仏前からどこのガレットデロワを買おうか、色々調べていました。旅行の行程とお店の評判を考えた結果、2010年と2011年にガレットデロワコンクールで入賞しているというお店を見つけてあったのです。

サンポール、ヴォージュ広場を通って、番地を頼りに歩いてみるとすぐに発見!

お店の構えも可愛い感じです(写真)。覗くと、さまざまな大きさのガレットデロワが並んでいます。9人用を見せてもらったら、あまりの大きさにびっくり!5〜6人用で充分ですね。今夜が楽しみ!誰にフェーブが当たるかな〜

posted by ゆうき芽衣 at 10:26 | Comment(0) | 日々のお喋り

2012年03月09日

パリの恋人達!・・・?

015散策1パリの恋人?.JPG






さて、次のコンシェルジュリは、フランス革命のときにマリーアントワネットを含む王族たちが幽閉されていた場所です。実は私もここは初めて訪れます。教えられた通りに、左へ進んだつもりでしたが、目の前にある随分立派な建物にちょっと違和感を感じながら入りました。矢印などの表示もないし、ほんとにここ?と思いながら、9人はぞろぞろと歩きます。ふと見ると、東洋人の観光らしいカップルも地図を持って歩いているのでちょっと安心。きょろきょろしながら、奥へと進んでいたら、長身のフランス男性に声をかけられました。

「何を探しているのですか?どこへ行きたいの?」

 

私たちはコンシェルジュリの入場チケットを持っているのを見て、「それはここではないですよ。ここは、現在の裁判所です。入口へ案内してあげましょう」と親切に言ってくださいました。街歩きをしているとこういうことがわりあいあります。パリは年中観光客が多い所だからか、親切に声をかけてくれたり、教えてくれる人が多いです。「ご親切にありがとう」と言うと、「当たり前のことですよ」と言って、どこから?とかパリは何回目?とか少しおしゃべりしながら、表通りへ出て、通りを左へ行った観光用の元裁判所の入口まで連れて行ってくださいました。長身の人はコンパスが長くて歩く速度が速いので、慌ててついて行きました。

場所を間違えたおかげで、街の人との触れ合いが生まれるところが旅の楽しみでもあります。

後ろからしっかり証拠写真?を取っていただいていました(笑)まるで恋人同士のよう・・・・には見えませんかね?さすがに前へ回って写真を撮るのは失礼かなということで、後ろ姿だけなのが残念ですが、3分間のドラマでした(笑)

コンシェルジュリに入ってからがまたフェイントでした。しばらくは現代アート展のような様相。ほんとにここ?と再度思いました。が、奥へ進むと、くだんの場所がありました。狭くて暗い部屋がいくつもあり、人形を置いたりして当時の雰囲気を醸し出していました。マリーアントワネットも大変な人生だったのだということがしのばれました。

posted by ゆうき芽衣 at 19:12 | Comment(2) | 日々のお喋り

2012年02月26日

セーヌを渡ってシテ島へ

セーヌ.JPGsanntosyaperu.JPG






 

 

 

 

いよいよ街歩き初日。

今日は、シテ島、サンルイ島から始まります。

 

まずは、メトロをわざとセーヌ河の手前で降りて、橋を歩いてセーヌを渡りました。

橋からノートルダム寺院が見えています。

お天気もまずまず。歩いていてはぐれないようにと、私は白い帽子をかぶって歩きました。

行きたいという希望をお聞きしていたので、サントシャペル教会へ。ここは、ステンドグラスが特に有名で、教会には珍しく入場料もかかります。隣のコンシェルジュリと両方のチケットを購入。

隣のチケットブースでも日本人の学生とおぼしき女性3人がチケットを買っていたのですが、お金だけ払ってチケットをもらうのを忘れて、「マドモワゼル!!」と呼ばれていました。初めての海外かなあ。でも自分たちだけでの観光、挑戦していていいですね!頑張れ!

チケットもぎりの男性が「こんにちは」と日本語でおっしゃるのに、びっくり。さすがは、観光地です。「次のコンシェルジュリは出て左」とも日本語で言われました。

ステンドグラスはお天気のよい日の方が圧倒的に美しく見えます。冬なので日差しは少し弱くて残念ですが、わりあい明るくてよかったです。ステンドグラスにはキリスト教にまつわるお話があらわされていますので、少しキリスト教について勉強していたらより楽しめるのになあと思いました。

 

posted by ゆうき芽衣 at 15:45 | Comment(1) | 日々のお喋り

2012年02月12日

9人の旅 パリ初日は・・・

シャンゼリゼ夜景1.JPGCIMG2590.JPG



 

 

関西空港からエールフランスでパリに着くと、夕方です。空港から3台のタクシーに分乗してホテルへ。無事チェックインを済ませて、ほっと一息。飛行機が無事に飛び、ホテルの予約に間違いがなかったのでラッキー!

というのも、これまでに、飛行機やホテルのダブルブッキングに合ったことがあるんですよ。一人だったら何とかなるけれど、ちょっとした団体ですから、ちゃんと滞りなくいくか、気になっていました。よかった〜

宿泊は、サンジェルマンデプレ。いつもこの近辺に泊まる私にとっては、交差点に立って、サンジェルマンデプレ教会の方を見ると、「またパリに来たんだなあ」と感慨深い、懐かしい気持ちになる場所です。

短い行程ですから、到着日もじっとしているのはもったいない!というわけで、20時頃から、まだまだクリスマスイルミネーションが美しいシャンゼリゼ通りへと出かけました。行きはメトロ4番線と1番線で。ちょっと寒いかな、くらいの気温で、夜の散歩ができました。

今年のイルミネーションは、華やかな感じではなく、幻想的な雰囲気でした(写真)シャンゼリゼ通りにあるアルザス料理店のイルミネーションがクリスマスらしい飾りつけ。新年おめでとうのメッセージもあちらこちらに見えました。

そして、凱旋門に一番近いレストランで軽く夕食。ちょっとおしゃれな雰囲気の新しいお店でした(写真)

帰りは、窓から外の景色が見えるメトロ6番線を使って。セーヌ河を渡る辺りで、エッフェル塔が間近に見えます。

明日からの散策に備えて、おやすみなさ〜い。

posted by ゆうき芽衣 at 18:13 | Comment(2) | 日々のお喋り

2012年01月28日

お知らせとお詫び





昨日から、体調不調(医者にはインフルエンザではなく普通の風邪だと言われました)で寝込んでいます。

スケジュールでお知らせしていた本日28日のベコー出演は休ませていただくことになりました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。来週には元気になっているように、2日間休みます・・・・

お知らせとお詫びまで・・・(ペコッ)
posted by ゆうき芽衣 at 12:10 | Comment(3) | 日々のお喋り

2012年01月22日

パリに行ってきました

CIMG2577.JPG



 

 

 

年明け早々、5日から12日の旅程で、パリに行ってきました。

結構、毎年行っていたのに、ここのところ行ってなくて、3年ぶりのフランスでした。そして、今回は一人旅ではなく、9人旅!シャンソン講座の皆さんとご一緒にパリを歩きました。

初めてヨーロッパを旅した20年余り前から、フリーの海外旅行の楽しみを多くの人に知ってもらいたいと思って、会話や文章でことあるごとにお勧めしてきました。そして、数年前からは、フリーの旅行に自信のない方々に、限りなく個人旅行に近いツアーをご提供したいと考えて、何度か旅行会社を通じて、ツアーを組んできたのですが実現せず・・・

今回は思い切って、旅行会社を通さず、全くフリーの旅を私が作ってみました。私が今まで何度か行って知っているパリの魅力をお伝えしたい、自分の頭で考えて自分の足で歩く旅を体験してもらいたいというのがコンセプトでした。

地下鉄、バス、徒歩、タクシーを使い、街の風景を見、街の空気を感じる旅、少しは、実感してもらえたかなあ?

あそこもここも見てもらいたい、あれもこれも体験してほしいという気持ちに比べて、現地5日半の日程はあまりに短く、随分急いで、距離を歩いたようです。頑張ってついてきてくださった参加者の皆さんに感謝!です。

小さなアクシデントはいくつかありましたが、それはきっと、一番忘れられない思い出に変わっていくことでしょう。困ったり、悩んだり、間違えたり、そして、喜んだり、驚いたり・・・そんな心の動きを伴うことが、本当の旅の楽しみだと思います。

私自身、最初の旅について20年たっても思い出すことと言えば、長距離列車を乗り間違えたり、荷物が重い上に現金の持ち合わせがなくて観光地をパスしたり、スリにかばんを切られたり、誰かの看病をしたり、空港で怒られたり、見知らぬ人に親切にしてもらったり、と、何かが起こったときのことです。

参加してくださった皆さんの心に、ず〜っと残る思い出がひとつでもできていたら、いいなあと思います。

少しずつ、旅の記録を載せていきますので、読んでくださいね〜

posted by ゆうき芽衣 at 14:34 | Comment(2) | 日々のお喋り

2012年01月01日

Bonne Annee!!

2012年年賀.jpg



新年あけましておめでとうございます。


 


さあ、今年はどんな1年になるでしょう。


どんな年にしたいですか?


昨年は、日本中が、そして世界中が、色々大変な1年でしたから、今年は、明るい話題が多くなってほしいなと思います。


前向きな1年になるように、私も頑張ります。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by ゆうき芽衣 at 00:52 | Comment(0) | 日々のお喋り

2011年12月06日

今年も最後の月となりました





この秋は、紅葉の色が今一つ・・・とニュースなどで言われていますが、私の回りでは結構きれいですよ。銀杏並木の黄色、庭のもみじの赤。箕面の山の色の重なり・・・と確かに少し遅いけれど、秋の色が太陽に照らされて鮮やかです。

 

11月末の報告です。

まず、24日メイシアターでの発表会、昨年よりもお客様が随分多くいらしてくださったように思いました。

出演の皆さんに少しゆとりが出てきたせいかな?友達に聞いてもらいたいという気持ちが出てきたってことは、練習に手ごたえを感じておられるのだと思います。嬉しいです。

舞台の上のきれいな盛り花は、出演者のご家族の方がプレゼントしてくださいました。今年もステージを華やかにしていただいて感謝です。ありがとうございました。

ご来場くださった皆様、是非、ご感想、お聞かせ下さいね。

 

そして、関西外大での公開講座は、大学生の皆さんと一般の方々と半分づつくらいで合計150名くらいのご来場をいただきました。

ありがとうございます。

ご年配の方は、フランスのお話やシャンソンを、うんうんと頷きながらお聞き下さっていました。

大学生のみんなはシャンソンをどう感じたかな?フランスに興味を持ってもらえたかな?

まだフランスへ行ったことのある人は少ないようでしたが、旅してみたいなと思ってもらえていたら嬉しいな。

お気軽に感想や質問をお寄せくださいね〜

当日のプログラムは、

枯葉、バラ色の人生、夢見るシャンソン人形、パリの屋根の下、パリの空の下、ミラボー橋、ムーランルージュの唄、モンマルトルに帰りて、谷間に三つの鐘が鳴る、ラ・メール、シェルブールの雨傘、プチパパノエル・・・アンコールに パリのお嬢さん

オ・シャンゼリゼとノエルブロン(ホワイトクリスマスのフランス語版)を皆さんにも歌っていただきました。覚えてくれたかなあ?

 

弾き語りライブの後、大学生の皆さんの茶話会にもお邪魔しました。

ステージが終わって、私はつけまつげを外して茶話会に行ったんだけど、ステージの私よりも大きなつけまつげをしている女子が多くて・・・そのまま行けばよかったな〜(笑)

若いエネルギーをもらいました・・・と書きたいところですが、一緒にいてあまり違和感を感じませんでした。ホントホント!

また来年も呼んでいただけるかしら。またよろしくお願いします。

担当のT先生、ご縁をくださったK先生、ありがとうございました。

 
posted by ゆうき芽衣 at 00:32 | Comment(0) | 日々のお喋り

2011年11月19日

公開講座?大学でライブです

関西外大公開講座 001.jpg



ご縁をいただき、昨年に続いて今年も関西外国語大学で公開講座をさせていただきます。

昨年は、フランス語を学ぶ大学生の皆さんと、クリスマスソングをフランス語で歌うことをメインにした講座で、公開ではなかったのですが、今年は、公開講座となり、お申込みいただければどなたでもお越しいただけます。

今回は、弾き語りとお話ということで、講義というよりは、ライブの感じです。

有名なシャンソン、パリを歌った歌、クリスマスソングなどをお話を交えて歌っていきます。

ご参加の皆様にも2曲、一緒に覚えて帰っていただけるよう、歌う時間も設けています。

 

関西外大のマルチメディアホールは、昨年お邪魔して、立派できれいなホールなのでびっくりしました。最近の大学は設備が素晴らしくて、学生さん達は恵まれていますね〜〜グランドピアノも、マイク設備も照明設備も完備されていました!

そんなホールでの弾き語りライブとなります。

広いホールなので、まだ人数に余裕があるようです。というのも、お知らせは、大学内と枚方市内でしかおこなわれていなかったから。

広くお知らせしていいというご連絡をいただきましたので、早速お知らせいたします。

 

来週の土曜日(11月26日)13時半からです。お時間おありの方は、どうぞご参加くださいね。(お申込みは、大学へお願いします)

フランスに行きたくなっちゃう公開講座ですよ〜〜

 

大学の場所もわかるご案内は、下記へアクセスしてください。
www.kansaigaidai.jp/~madat/mei-hp-1.htm

posted by ゆうき芽衣 at 17:25 | Comment(0) | 日々のお喋り

2011年11月05日

速報!!是非、明日お試しくださいね

minohfm.asx


みのおFMで、シャンソンやフランスをテーマにした番組を始めて11年。
10年ひと昔というけれど、あっという間でした〜
たくさんの方に、どこへ行けば聞けるのかという質問をいただいてきたのですが、箕面市周辺という狭い範囲になってしまい、コミュニティFMの放送受信範囲の狭さと電波の弱さを残念に思っていたのですが、このたび、やっと、箕面市周辺以外の方にも聞いていただけるようになりました。
というのは、タッキー816みのおFMのラジオ番組がインターネットで聴けるようになったのです!
やった〜〜!!
タッキー816みのおFMのHP http://fm.minoh.net/ を開くと、トップぺージに、「インターネットラジオを聴くには、Click」という水色の絵がありますので、そこをクリックしてみてください。メディアプレーヤーで聞くことができます。

ちなみに今月の放送は、11月6日(日) 午後7時〜8時、再放送は、8日(火)午後3時〜4時と午後9時〜10時です。
放送内容は、私のHPの「DJカーニバル 放送案内とレポート」をご覧ください。

是非、インターネットラジオで聞いてみてくださいね!!
よろしく〜〜
posted by ゆうき芽衣 at 23:14 | Comment(5) | 日々のお喋り

2011年10月09日

気持ちのよい秋晴れ!

DSC_2218.JPG



 

 

あっという間に10月です。気持ちのいい季節になりました。如何お過ごしですか?

今頃はなんやかんやと忙しいです。

10月末には、トリコロール&シャンソンの小部屋のコンサートがあります。

11月末は、JTB講座の発表会と、関西外大の公開講座。

毎年、秋の紅葉などをゆっくり楽しむ間なく、季節は過ぎていきます。残念!

 

ところで、HPへの訪問歴は、もうすぐ5万人。

たくさんのご訪問、ありがとうございます。

どなたがその記念すべき方になるのでしょう?

よかったら、「私でした!」とご連絡くださいませ。

 

今日は、高校の同窓会に行ってきます。

近頃はほとんどの人が年齢より若く見えて、誰と会っても「変わらないなあ」と思うのですが、ひいき目かしら?(笑)

 

posted by ゆうき芽衣 at 13:56 | Comment(0) | 日々のお喋り

2011年09月11日

盛りだくさんの一日でした~9月9日

25ラデュレのマカロン.JPG



 

午後は、街歩きパリ講座 第2回右岸編。

ご参加の14名さまと2時間足らずのパリを楽しみました。

今回は、凱旋門から東へと街歩き。シャンゼリゼ、コンコルド広場、チュイルリー公園、オペラ座、レ・アール、・・・・・モンマルトル。

ガイドすると共に、色々な思い出や経験をお話ししました。

「是非、パリに行ってみたくなりました!」と言っていただけたのが、とても嬉しいです。

また、「行った所をいろいろ思い出しました」というご感想も・・・

右岸が登場する歌は、結構あるのですが、今回は、「オ・シャンゼリゼ」「グランブールヴァール」「ピギャール」「ラ・ボエム」「モンソー公園」を聞いていただきました。

今回のスイーツは、モンブランミニとマカロンとビスキュイ・ド・シャンパーニュの3点セット。

ビスキュイは、本来、シャンパンに浸して食べるのですが、今回は、炭酸水で試してみました。

ビスケットの周りがシュワシュワとなって柔らかくなり、浸す前とは別物です。

最後に、「ムーランルージュの唄」を生演奏しました。

ご参加いただいた方、ありがとうございました!

 

夜は、ソロライブ。シャンソニエ・ジルベール・ベコーに40名以上の方がお集まりくださり、狭い店内は熱気に溢れました。お席によっては窮屈な思いをされた方もあったと思います。ごめんなさい。ほんとに満員御礼!ありがとうございました。

今回は、ドラマティックな恋の歌を中心にしたライブです。3ステージ、合計21曲を歌いました。

1部はゆく夏を惜しんで・・・ 2部は、恋の女心  3部は、秋から冬へ・・・という感じでした。

歌ううちに、私もどんどん、恋の世界に入り込んでいきました。

皆さんも、ご自分の思い出の恋へとタイムスリップ、また、現在の恋心に浸っていただけていたら嬉しいですね。

本当にたくさんの方にお越しいただき、幸せハート(トランプ) 嬉しいひとときとなりました。ありがとうございました。

 

何名かの方は、昼も夜もご参加いただきました。フランスとシャンソンで身体中がいっぱいの一日をお過ごしいただいたことと思います。

もちろん私もそう・・・楽しかった!!ありがとうございました。

 

次は本当のフランスへ一緒に行けたらいいですね!!

 

上の写真は、サンジェルマン・デプレのラデュレで食べたマカロンです。

最近は、この味が日本でも味わえます。便利になりました。

posted by ゆうき芽衣 at 11:57 | Comment(2) | 日々のお喋り

2011年08月19日

9月9日 パリ講座2&ベコーソロライブ

ベコーライブ2011.doc




 

 

 

明日から、ちょっとは気温が下がって凌ぎやすくなるとか・・・

期待しましょう〜

 

さて、9月9日は、昼も夜もイベント、忙しい1日になりそうです。

 

昼は、パリ講座の2回目(右岸の街歩き)

先週、好評のうちに終了(参加いただいたみなさん、ありがとうございました)した左岸に続き、今度は右岸を歩きます。

前回参加されていなくてもわかる内容です。初めての方もどうぞいらしてくださいね。場所は、朝日カルチャーセンター梅田です。

 

夜は、梅田のシャンソニエジルベールベコーでのソロライブ。

このお店でソロライブをするのはすごく久しぶりです。

ディナーショーやコンサートの時のように特別に演出したりせず、普段のライブのような気負いない形でと考えています。季節に合わせて、夏の歌から秋の歌へと進めていこうかなどと思っています。ピアニストは立津さん。

午後の歌会のときには弾き語りをしているので、今回はちょっとお芝居寄りの歌をたくさん歌う予定です。

みなさんに一緒に歌っていただく歌も入れていきます。

 

9月に入ったら、暑さも幾分和らいでいることと思います。

是非お出かけ下さいませ。

 

 

 

 

posted by ゆうき芽衣 at 14:56 | Comment(0) | 日々のお喋り

2011年08月15日

講座?左岸の案内、ラデュレのチョコなど食べながら・・・

2エッフェル塔はいつも人が一杯.JPG



 

 

 

 

 

8月11日に「ゆうき芽衣の 街歩き、パリの楽しみ方案内」1回目、左岸の案内が終了しました。

地図を見ながら、写真やDVDを見ながら、イメージを膨らませてもらえたかなと思います。

 

左岸の観光地といえば、エッフェル塔、モンパルナス、サンジェルマンデプレ、パンテオン、オルセー、リュクサンブール、ムフタール、サン・ミッシェルなど。

地上を走る地下鉄線やクレッペリー、ショッピング処の紹介などもしましたよ。

セーヌ川クルーズや、シテ島の案内も今回の左岸に入れました。

 

 

曲は、「エッフェル塔の嘆き」「サンジェルマンデプレ」「あとには何もない」「サンルイ島」などを聞いていただきました。

 

今回のお菓子は、エクレア、ギモーヴ、カフェでコーヒーについてくるようなぺたんこチョコ(ラデュレ)の3点セット。

紅茶と一緒にお召し上がりいただきました。

 

最後に、パリの空の下を生演奏。

 

この講義を参考に、自分の足で街歩きを実現していただけたら嬉しいです。

 

第2回目、右岸の案内は、9月9日です。

ご参加お待ちしています。

 

12月初めに、クリスマスイルミネーション美しいパリと、ストラスブールのクリスマス市を訪ねる旅の参加者を募集しています。

地図を見ながら、地下鉄とバスで巡るパリ散歩を私がご案内いたします。

一緒に、パリへ行きませんか?

posted by ゆうき芽衣 at 17:48 | Comment(0) | 日々のお喋り

2011年08月07日

パリの写真を見ながら

この通りはサクレクール寺院が真正面に見える.JPG



今度の木曜日の公開講座の準備をしています。

パリで撮った写真を使おうかなと思って、前のアルバムを見ていたら、色々思い出したり、またガイドブックを出して確かめたり、地図を見たりしていると、あっという間に時間がたちます。

ここもあそこも紹介したいと思って、何を話そうか、どんな曲をかけようかと考え中!

地図を見ていると、歩いている気分になるなあ。

やはり、旅は楽しいね〜〜

 

講座のティータイムにどんなお菓子を出すかも検討中です。

先週、梅田を歩いて色々見ました。ちょっと買って試してみたり・・・

で気づいたのですが、数年前にはあまり見かけなかったマカロンが、すごく多いことにびっくり!

本家のラデュレが梅田にもできたし・・・ここの喫茶コーナーの行列には驚きましたが。

サンジェルマンデプレのラデュレでマカロンセットを食べたことを思い出します。

真っ黒のマカロンをこわごわ食べたこと・・

 

11日(木)お時間ある方は、朝日カルチャー梅田へどうぞお申し込みを!

よろしく〜〜

 

 

posted by ゆうき芽衣 at 11:11 | Comment(0) | 日々のお喋り

2011年07月05日

街歩きパリ

公開講座 001.jpg



 

 

 

 

昨日、6月にパリに行って来られた方のお話を聞きました。

とても楽しく有意義な旅をされたことが伝わってきました。

お話を聞くと、行きたい気分が盛り上がってきます〜〜

 

何をするという確固たる目的なく旅行することを無駄だと思う考え方もありますが、何となく散歩をして、空気を吸って、景色を見て、待ちゆく人を見たり、話し声を聞いたり・・・そんな時間も楽しいなと思います。

でも、やはり行程をずっと一人は淋しいな、と思う私は、中途半端な旅行好きってことになるのかなあ。

ほんとに旅行好きの人はひとりきりでも楽しいものなんでしょうか?

旅好きのあなた、如何ですか?

 

8月11日と9月9日に、「街歩き パリの楽しみ方案内」という講座をします。

1回目は左岸、2回目は右岸をテーマに歌をからめたりしながらお話します。

パリ発のスイーツを楽しみながらね。

 

旅に行ける環境ではない方は、行った気分を味わってもらいたい。

行きたいなあと思っている人は、その思いを膨らませてほしい。

そんな講座にする予定です。

 

パリに興味がある方は、ぜひご参加下さいね。

 

posted by ゆうき芽衣 at 17:38 | Comment(1) | 日々のお喋り

2011年06月12日

東日本大震災義援金のご報告

CIMG2535.JPG003.jpg



 

 

 

 

5月27日の「奈良ウェルネス倶楽部たのしいシャンソンコンサート」会場で、東日本大震災義援金を皆様にお願い致しましたところ、たくさんのご来場者、出演者の皆様が募金にご協力くださいました。ありがとうございました。

日本赤十字社奈良支部から集計結果の領収書が届きましたので、ご報告いたします。

皆様からの募金合計は、46,849円となりました。

「皆様方の温かい善意に対し心よりお礼申しあげます」(日本赤十字社奈良支部)

私も嬉しいです。ありがとうございました。

posted by ゆうき芽衣 at 11:32 | Comment(0) | 日々のお喋り
日々のお喋り Back Numberへ