2012年05月06日

セーヌ川沿いドライブとバゲット食べ比べ

P1000095.JPGP1040334-2.jpg








ミラボー橋と白鳥の小道を見たところで、もう薄暗くなってきました。冬のパリは日が短いです。
ここからまたバスに乗ります。セーヌ川沿いを走る72番です。
ライトアップされ始めたセーヌ川沿いの建物を見ながら、夕暮れのパリをドライブです。
グルネル橋から、市庁舎まで乗ると、パリ観光のメインの範囲はちゃんと網羅できています。
エッフェル塔やオルセー美術館を対岸に見て、たくさんの橋を目の前に見たあと、市庁舎前で降りると、ライトと人ごみで、なんだか賑やか。
冬特設のスケートリンクがあって、たくさんの人がアイススケートを楽しんでいました。
メリーゴーランドやポップコーンの売店などもあって、楽しい雰囲気でした。
ちらっと眺めながら、今度はメトロでアベスへ。
夕食のルームパーティで、バゲットの食べ比べをしよう思い、買いに行くのです。
実は、2010年にバゲット大賞を受賞したパン職人のお店「Grenier a Pain」と2011年のバゲット大賞「Au levain d’antan」が同じアベス通りにあるので、このふたつのバゲットを 是非食べ比べてみようと思ったのです。
バゲット大賞を取ると、その1年間、大統領が食べるバゲットとしてエリゼ宮におさめる権利をもらえるのですよ。
だから、大統領と同じバゲットを食べることになる私達!!
アベス駅前で二手に分かれて、バゲット1本ずつを購入。
比べてみると、タイプの違うパンでした。中がふわっと、中がもちっと、の2タイプで、皆さんの好みも分かれましたが、やはりフランスのバゲットは美味しい!外がパリッとしているのがいいのですが、日本ではすぐ外がやわらかくなってしまいます。太さも日本のものはちょっと太すぎるのが多いと思います。

余談ですが、「Au levain d’antan」は、今年2月に梅田の百貨店でのフランスフェアにも出店されていましたが、日本に旅してくると、バゲットの値段もこんなに上がるのか!とびっくり、そして買いたい人の行列のすごさに二度びっくりでした。

お惣菜店でパテやサラダ、ソーセージなどを購入。ワインやアイスクリームなども買って、夜は、お部屋でパーティです。
posted by ゆうき芽衣 at 16:18 | Comment(0) | 日々のお喋り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

日々のお喋り Back Numberへ